忍者ブログ
ねずみ男・福崎裕夫が9条の旗を持って全国を歩きます。 皆様の応援を宜しくお願いします!
  忍者ポイント
  カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  カテゴリー
  フリーエリア
  最新コメント
[10/22 いしおか]
[10/17 いしおか]
[10/15 aquilha]
[10/12 いしおか]
[10/10 奥野しのぶ]
  最新記事
  最新トラックバック
  プロフィール
HN:
福崎やすお
性別:
非公開
自己紹介:

1978年 甲南大学理学部生物学科卒業

    野生生物の研究者となり人間社会からの脱出を試みるが挫折

1986年~2000年 広島県上下町 町議会議員

    ゴルフ場建設計画に反対

    上下町 町並み景観事業推進

2005年 舌癌で入院

    退院後「にじの会・上下(癌経験者の会)」設立



上下ガイド協会ガイド

非暴力平和隊 隊員

広島カウンセリングスクール一般コース終了



好きな本 ドグラマグラ

好きな音楽 ジャズ、ロック、その他

好きな漫画 20世紀少年

著書 ヒーリング・レター
  バーコード
  ブログ内検索
  最古記事
2017/11/20 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/05/03 (Fri)
「新社会運動」という右翼団体が銀座からデモをすることを知り、「みんな在日地球人」のゼッケンをつけて道の反対側を歩いた。警察関係者は「力づくで私を止める」と言ったが、結局時々話しながなら、横にぴったりついていた。
デモ隊からはいろいろな誹謗の声が届いた。「朝鮮人」という声もあった。まて、「朝鮮人」は本来誹謗の言葉ではない。どの国の人も、いかなる民族も人間として蔑まれるものではない。
 ただ私は一応日本人だけど。今日のデモを見ると、地球人が知的生命体とは思えないが、宇宙に存在する知的生命体が宇宙人だとすれば、私たちは皆在日宇宙人でもある。
でも正直デモ隊に襲われる可能性を感じると心拍数が上がってきた。
写真はそのデモ。今回はこれで断食は終わりです。
ではまた。




PR
2013/05/02 (Thu)
昨日は冤罪で徳島刑務所に閉じ込められている星野文昭さんの妻の星野暁子さんが訪ねてくださった。
また、週刊金曜日の記者の取材があった。
感謝!



2013/04/30 (Tue)
在特会の活動は主に土日で歩いている人は楽しみで来ているようだ。ゼッケン つけて立っている私は晒し者?在特会との遭遇は想定していたが、目的ではない。これでもいっか。
訪ねてくれた人があり、近くにある高麗博物館に連れていってもらった。市民が運営している交流施設、勉強になりました。
写真は高麗博物館。



2013/04/29 (Mon)
み『んな在日地球人』のゼッケンをつけての東京新大久保での断食1日め。
新大久保駅近くの交叉点でただ立ったり座ったりしていた。午後、一人の男性に声をかけられた。いろいろ尋ねられたあと、逆に「何をしているんですか」とたずねたら、「何で答えなければいけないのか、海に沈めてやろうか」。「いやなことを尋ねました。ごめんなさい」・・・。
彼は携帯電話で私のことを伝えていたので、誰かに差し向けられたんだな。
通る人はほとんど無関心。関心をもっていただいたこてに感謝。



2013/04/19 (Fri)
断食声明文(案)
隣人とともに世界平和をつくる日本であるために

今、在日外国人への排斥が強まっている。誇りある人は他者を尊重する。
『われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民がひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。(日本国憲法前文)』。これが理想ではないか。
だが今、偏狭な一部の日本人は在日外国人を圧迫し恐怖を与えている。日本に住む人間はすべて『在日地球人』であり、人間としての同等の権利をもち、平和で持続可能な世界を築いていく仲間であることに気づいてほしい。
この現状に抗議し、5日間、新大久保において断食を行う。
期間 2013年4月29日~5月3日
場所 東京新大久保
ふ~! ケータイで打つのは疲れる。
では、また

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
<< 前のページ 次のページ >>
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]